FC2ブログ
2020 / 10
≪ 2020 / 09 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2020 / 11 ≫

 7/1(金) 18:45
世界平和記念聖堂

エリザベト音楽大学
スピリチュアルコンサートがあります。

入場無料 です。

エリザベトの学生と、 広島在住のエリザベトシンガーズのメンバーで演奏します。

シサスク ペルト グレゴリオ聖歌 etc


もうひとつ、

第431回パイプオルガン定期演奏会

 2011年 7月 3日(日) 世界平和記念聖堂

        ~深き嘆きの淵より~
         オルガン:安積 道也

   16:00~ 入場無料

福岡でお世話になりました 安積先生のオルガンコンサートです。

先生のプロフィールは こちら

安積道也。東京生まれ、新潟育ち。明治学院大学文学部心理学科を卒業後、1998年教会音楽を学ぶためドイツに渡る。シュトゥットガルト国立音楽大学で教会音楽科B過程と音楽教育学(オルガン専攻)を卒業後、フライブルグ国立音楽大学にて教会音楽科A課程を修了、教会音楽家A級ドイツ国家資格(カントール)を取得。さらに同大学院にて指揮科(合唱指揮専攻)を専攻し、最優秀で修了。ディプロマを取得。

 2002年、シュベービッシュ・ハル国際音楽祭で、エリック・エリクソン氏の合唱指揮マスターコースに参加し、ファイナルコンサートに選抜・出演し好評を博す。 2004年第一回バイロイト・レーゲンスブルク合唱指揮者コンクールで優勝。その的確な指導法と様式感を備えた音楽性が高く評価される。 2007年アルテンブルク国際オルガン即興アカデミーに参加。選考を経た後ファイナルコンサートのとりをつとめ、好評を博す。それ以後、アルテンブルク・オルガン定期演奏会に出演。

 シュトゥットガルトで フェアゼーヌングス教会正オルガニスト、シュバーベン合唱協会合唱団常任指揮者を兼任し、フライブルクに移った後、ギュンタースタール聖マリア教会カントール、ドイツフランス合唱団フライブルク常任指揮者に着任。オルガニストとしてドイツ各地でコンサートを行う傍ら、指揮者としては、ブラームスのレクイエム等、大規模なオラトリオ作品の定期的な上演、またドイツ各地の音楽祭出演し、幅広く活動した。聖マリア教会では、本職の教会音楽家としてミサの奏楽をはじめ聖歌隊を指導。大祝日には、オーケストラ付きミサ曲を礼拝で上演。

 2008年8月に完全帰国。現在、西南学院大学音楽主事。学院オルガニスト、チャペルクワイヤ常任指揮者、並びに学院音楽プロデューサーとして活動。明治学院バッハ・アカデミー合唱団(音楽監督:樋口隆一教授)副指揮者。合唱指揮者、オルガニスト、通奏低音奏者として、東京を始め、国内外の各地で演奏・指導を行なっている。

  これまでに、オルガンをJ.ラウクビック、H.ドイッチュ、西尾純子、合唱指揮をM.シュルト‐イェンセン、E.エリクソン、H.M.ボイヤレ、オーケストラ指揮法をS.サンドマイヤー、H.ヴォルフ、オルガン即興演奏をW.ベッツラー、W.ザイフェン、M.シュメーディング、クロイツ、声楽をE.B. ヒレマン、B.ゲルトナー、橋本周子、通奏低音・チェンバロをR.ヒル、M.ベーリンガー、菅哲也、音楽理論・作曲法をK.フェスマン、ビュージングの各氏に師事。


どちらも無料なので、 是非お時間のご都合がつく方はいらして下さい



スポンサーサイト




この記事へコメントする















今田陽次

Author:今田陽次
いまだ ようじ

 広島県江田島市沖美町出身。

特に冴えない目立たない少年時代。
歌うことでしかほめられた事がなかったよう。。。
 逆に調子に乗って、どんどんのめりこんで
いつのまにか大きくなり、人生の柱になりました。

 多くの方に支えられて、歌う仕事を頂きながら
家族6人で楽しく暮らしています。

エリザベトシンガーズ
広島中央合唱団
合唱団 そら
広島少年合唱隊
Hiroshima Bach Soloists
アンサンブル・ひなた
Men's Vocal Ensemble“寺漢”
Youth Choir Project ~煌~ 
広島メンネルコール

広島市中区在住
エリザベト音楽大学
宗教声楽コース卒業

 

FC2カウンター ここから -->